『ナイルに死す』女性だから描けるミステリー ※ネタバレあり

※アガサ・クリスティ『ナイルに死す』をネタバレで紹介しますので、展開を知りたくないという方は読まないようにご注意ください※

アガサ・クリスティの小説はミステリー小説ですが、中には恋愛小説なのかと思わせるストーリーも多く含まれています。

前回の検察側の証人もそうでしたが、今回の『ナイルに死す』もそうです。

特に『ナイルに死す』ははじめから男女の愛憎が原因で殺人事件が起こるのを予感させています。

ナイルに死す

物語はジャクリーンの恋人レナードが失業して、レナードのためにジャクリーンは金持ちの友達リネットに彼を管理人に雇ってほしいとお願いします。

そして無事レナードはリネットに雇われますが、その3ヵ月後にリネットはレナードと結婚してしまうのです。

新婚旅行にはエジプトのナイル川クルーズの旅に行きます。

しかしレナードに捨てられたジャクリーンも船に乗ってきたのです。

しかもジャクリーンは名探偵であるポアロに二人に復讐したいと告白までします。

そしてとうとうリネットが殺されてしまいます。

犯人はジャクリーンだと誰もが思いますが彼女にはアリバイがある。

ではポアロがこの鉄壁のアリバイを崩すのだろうか、と読者は考えます。

確かにそうなのですが、話はこれだけではなく、もっと複雑なのがアガサ・クリスティの実力なのです。

犯人はやはりジャクリーンですが、彼女が手を下したのではなく実行犯はレナードでした。

二人は共犯だったのです。

二人は最初からリネットの財産が目当てでリネットに近づき、裏切られたジャクリーンがリネットを狙うように見せかけてレナードがリネットを殺す。

レナードはリネットの財産を相続し、それで二人は元サヤに収まるはずでした。

真相はポアロによって暴かれジャクリーンは隠し持っていた拳銃でレナードを撃ち自分も自殺して亡くなります。

女性に対する魅力はあってもお金に縁の無い彼と幸せになろうとして失敗した哀れな恋人同士として犯人である二人を描いています。

このナイルに死すはジャクリーンがレナードへの愛のために起こした犯罪でした。

ジャクリーンがポアロに言った、

「レナードがいないと生きていけない」

これはまさに恋愛小説に出てくるような愛の言葉。

こういう描き方が出来るのは、やはりアガサ・クリスティが女性だからこそ可能なのでしょう。