『アクロイド殺し』作者に上手くだまされる快感 ※ネタバレあり

※アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』をネタバレで紹介しますので、展開を知りたくないという方は読まないようにご注意ください※

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』。

アクロイドを殺したのだと実にわかりやすいタイトルです。

アガサ・クリスティの作品タイトルは印象に残るタイトルが多いのですが、これはアクロイドという名前です。

しかし、それでも印象に残る名前のため、本屋などで見かけるとついつい目が行ってしまう本です。

その中身も他の小説よりも風変わりなところがいくつかあります。

アクロイド殺し

本来ならば名探偵ポアロの相方であるヘイスティングが物語の進行役というか語り手として話が進んでいくのですが、彼はアクロイド殺しには出ておらず、変わりにシェパード医師が物語の進行役を勤めています。
(ヘイスティングは結婚して海外移住だそうです)

しかし、シェパード医師は殺人の第一発見者です、その彼がヘイスティングの代わりに語っているのはいささか違和感を覚えたものです

次にポアロが犯人を暴いて警察に突き出すのではなく、犯人に自首を勧めるのでもなく、犯人に自殺をほのめかして死ぬように持って行くのです。

これは衝撃でした、まさかポアロが犯人に自殺を勧めるとは、それも理由が犯人には姉がいて、シェパード医師が殺人犯として捕まったとしたら彼女が哀れだからだということで実に感情的で勝手な理由です。

そして最大の変り種は犯人がアクロイド殺しの語り手であるシェパード医師だということです。

これには驚きました。

それまで冷静に物語を語っていたシェパード医師が最後の最後で風向きがおかしい、と思った瞬間に犯人だったことを突きつけられた、そんな感じです。

物語の語り手が犯人だったことで、これはフェアなのかアンフェアなのかの論争が起こったくらい話題の作品でした。

推理小説の語り手は他人事のようにストーリーを説明していくのでいわば空気のような存在、その空気のような語り手が真犯人でした、といわれたら油断していた読者は驚くに決まっています。

だからフェアではない、という人の気持ちもわからないではないのですが、私の場合、この驚きはむしろ気持ちがいい驚きでした。

まさか、物語を語っている人自身が犯人だったなんて、これは上手くだまされた、くらいの気持ちです。

だって推理探偵を読むときに望むことって、作者がいかに読者を上手くだましてくれるかではないでしょうか?

自分では絶対に考えられない驚きを与えてくれるから推理小説は面白いのです。