『春にして君を離れ』推理探偵小説ではないミステリー ※ネタバレあり

※アガサ・クリスティ『春にして君を離れ』をネタバレで紹介しますので、展開を知りたくないという方は読まないようにご注意ください※

『春にして君を離れ』というタイトルはミステリーの女王のアガサ・クリスティの作品らしくないタイトルだな、というのが最初眼にしたときの感想です。

春にして君を離れ

幾分読んでみておかしいな? いつになっても事件は起こらない。
探偵も出てこない出てくるのは家族の日常的な話ばかり。

つまり、これは推理探偵小説ではなかったのです。

ですが、ミステリーではありました。

物語は50歳くらいの女性が主人公。
優しくて弁護士事務所を開いている夫もいる子供も成人してそれぞれ立派に旅立っていった、一見完璧な人生を送っている主婦。

主人公のジョーンは、今の幸せは自分がもたらしたもの、だから自分はよき妻よき母だと自負している。

けれど、それは夫ロドニーの我慢と努力によって得たものだと彼女は知らない。

しかしある日旅行の帰りにジョーンはそれまでの人生を振り返って果たして自分はよき妻よき母であったのかを考える機会を設ける。

もしかして子供達によかれと思って言ってきたことは、子供達の人生観を踏みつけにして自由を奪ってきただけなのかも?

そして夫ロドニーに対しても以前彼は弁護士事務所をやめて農業をしたいといった時、自分は猛反対した。
その結果夫は弁護士として今も働き続けている。

それがどれだけ辛い決断だったのか今まで知ろうともしなかった。

これは人生をやり直すチャンスなのかも。
夫に今までの自分の身勝手さを謝り本当の意味でよき妻になる最後のチャンスかも?

とジョーンは考えます。

しかし、家につき夫と会う直前に、ふと心変わりするのです。

そんなことは有り得ない!
これはただの妄想で、夫も子供達も自分のおかげで人生が上手くいったのだ、と。

けど、ジョーンの妄想は当たっていたのです。
夫は農業をやれなかった喪失感は今でも心の奥底に潜んでいました。

長女のエイヴラフが不倫の末駆け落ちしようとしたとき、ジョーンはもちろん必死になって止めた。

そして夫ロドニーも娘を止めますが、ジョーンとは別の意味で必死に止めるのです。

相手の男は研究に身を捧げるタイプでここで何もかも投げ出して娘と一緒になったとしたら、きっと後悔する。
男が一生の仕事を棒に振るということはいかに失意のどん底に陥るか?
しかもそれは自らの経験から言えるのだと娘に断言するのです。

このようにロドニーはジョーンのために失ったものを忘れてはいないのです。

しかし、そんなことは一切隠してロドニーはジョーンの満足な一生が送れるよう努力するのです。

自分がもし死んだ後もジョーンが気づかぬように、娘からの本音の手紙も焼き捨て、心の中でジョーン君は一人ぼっちだ、と哀れみながら。

『春にして君を離れ』―アガサ・クリスティらしい推理探偵小説ではありませんが、これも確かにミステリーでした。